www.kuwaitkitesteam.com

iphoneは防水ではなくて耐水というものもある

iphoneは水に濡れても問題ない製品ということが言えますが、どこまで水に濡れても大丈夫なのか?は製品ごとに違っていて、中には耐水というものもあるので注意が必要です。これは防水とは違うという認識がまず必要となります。水に濡れても大丈夫なものは防水と耐水があるわけですが、iphoneの中には耐水のものがあるわけです。耐水というのは、防水と何が違うのか?というと、水に濡れても良い許容範囲が狭いということになります。言ってしまえば、水が入っている中にiphoneを落としたら故障する可能性があるということになります。防水は水の中にiphoneを落としても大丈夫ということがあると思いますが、耐水だと厳しいと思われます。だから、水に濡れても大丈夫という製品を買うときには、防水か?耐水か?をしっかりと見極めることがまず大切と言えます。そのうえで特に耐水のiphoneを使うならば、水に濡れても大丈夫とは言え、許容範囲は意外と狭い場合があるので、結局のところ水に対する警戒心を強めていかないといけないのです。だから、そういうところを気にしないで使いたいならば、防水のiphoneケースを買うなどしないといけないのではないでしょうか?
貴方の疑問を即解決に導くiPhone8 ソフトバンクのサイトはコチラになります。